天塩川住民再発見ツアーに参加しました

10月25日から27日にかけて2泊3日の「天塩川住民再発見ツアー」に参加しました。

テッシ・オ・ペッ賑わい創出協議会主催の、天塩川流域を楽しむツアー第1弾です。

道北地方、美しい天塩川流域の市町村に、もっとたくさんの方々に遊びに来て頂きたい、またこの地方への移住を視野に入れて下さる方が出ればこの上ない幸せ…との思いから考案されたプランです。

メンバーはわっさむ担い隊の館洞と勝村、剣淵町の地域おこし協力隊員の髙村さん、そして名寄市役所の田畑さん。訪れる先々の行政担当者の方々、地域おこし協力隊員の方々、取材も含め宝島旅行会社さん、まちづくり観光デザインセンターの加藤さん達と楽しく交流しながらの旅となりました。

今回のスケジュールは、以下の通りです。

10/25 和寒、剣淵町から美深町へ移動 「ファームイントント」でジンギスカン&宿泊

10/26 美深町でハーブキャンドル作りを体験、「チョウザメ館」見学、音威子府村へ移動し「音威子府美術工芸高校」見学、「一路食堂」でカモそばを頂き、「アトリエ3モア」見学、中川町へ移動し「中川エコミュージアム」見学、「ポンピラ温泉」宿泊

10/27 中頓別へ移動し「鍾乳洞探検」の後、蜜蝋キャンドル作り、最後に同じく中頓別の「八番食堂」で巨大ラーメンとかつ丼を頂き、ツアー終了

詳しく書くと止まらなくなるので、大幅に端折らせて頂きますが、結論から言うと「道北の秋は美しく、美味しいものや自然に触れられる体験がたくさん出来るので、皆様どうぞ遊びに来て下さい!」という感想を抱いたということです。まだまだ発掘すれば魅力たっぷりの道北地方、これからが楽しみです。

文章の代わりに写真をアップしますので、ご興味ある方はぜひFlickrで写真をご覧下さい。

建物の外観。周りは白樺林だけです。
白樺林の中に静かにたたずむファームイントント
食べますよ~!
ファームイントントの自家製羊肉でジンギスカン
なかなか溶けないなあ…
美深町でキャンドル作り
チョウザメさんたち!
美深町のチョウザメ館見学
IMG_1266
音威子府美術工芸高校
メタリック化したアンモナイト
中川エコミュージアムの黄鉄鉱アンモナイト
複雑な鍾乳洞内
中頓別の鍾乳洞探検
帰りも出会ったエゾリスさん
鍾乳洞近くでであったエゾリス
わたくしの作品。
中頓別は砂金とはちみつの町 蜜蝋キャンドル作り

かつ丼。
中頓別 八番食堂の大きなラーメンとかつ丼
free gay porn

「わっさむ町カボチャ尽くしツアー」のお手伝い

10月13日、毎年恒例の和寒町のイベント、パンプキンフェスティバルが和寒町公民館周辺で行われる中、札幌のラジオ局「三角山放送局」 (http://www.sankakuyama.co.jp/) が主催した「わっさむ町カボチャ尽くしツアー」のお客様25名様を和寒町へお迎えしました。後援はわっさむふるさと交流委員会と和寒町役場総務課ということで、私も案内役として参加させて頂きました。

パンプキンフェスティバル会場の様子
多くの人達でにぎわう会場の様子

和寒町のパンプキンフェスティバルというイベントでは、和寒町の特産品であるたくさんの種類のカボチャ(食用・装飾用)や、お米、玉ねぎなどの野菜の販売、地方発送はもちろん、カボチャランタン作りや巨大なカボチャの展示も行われます。

そんなイベントに、ぜひ町外からのお客様もお呼びして、楽しんで頂こうということで、今回は札幌からツアー客を募り、参加して頂きました。

お米屋さんコーナー
お米屋さんの試食・販売コーナー

今回は25名様のご参加があり、リピーターの方もいらっしゃったとのことです。

イベント会場では、屋台でおいしい食べ物を味わって頂いたり、カボチャのランタン作りを体験して頂いたり、農産物直売所「ななかまど」でお買いものを楽しんで頂いたり。

最後は塩狩峠記念館を見学して頂き、そこでお別れとなりました。

地方発送もできます
地方発送もできます

このツアー、三角山放送で紹介して頂いたことにより、和寒町へ来て頂き和寒町の魅力を知って頂く良い機会となったことを願っております。費用は、札幌市西区にある三角山放送局から和寒町までの貸切バス代込で大人1名様2500円、子供1名様1500円。大変お得なツアーでした。

カボチャ屋さん
カボチャ屋さんコーナー

また、イベント会場でお会いした農家の方々とお話しすることにより町民の方々と交流する良い機会となりました。

よさこい
よさこいチームの演舞
かたたん
和寒町のキャラクター、カタクリの花の「かたたん」と
アトランティックジャイアントと美深町のカボチャ生産者のみなさんと
アトランティックジャイアントと美深町のカボチャ生産者のみなさんと
カボチャ神輿
カボチャ神輿
塩狩峠記念館でのご案内
塩狩峠記念館で三浦綾子の説明をする館洞

large porn tube

わっさむ担い隊第3期生の委嘱状交付式

10月4日(金)、わっさむ担い隊3期生の勝村拓至(かつむらたくじ)さんの委嘱状交付式が和寒町役場にて行われました。

IMG_7063_t
伊藤町長より委嘱状を受け取る勝村さん

勝村さんは岡山県ご出身です。

神奈川県川崎市でドラマ等のロケを行うスタッフの方々や撮影機材を運ぶバスの運転手さんをされていましたが、北海道の農業に関心を持たれ、来町されました。

伊藤町長より、「このたびは和寒町へ住むことを決断して下さり、ありがとうございます。極寒の冬も間もなく始まるので、まずは環境に慣れて頂きたいですね。」との歓迎と励ましのお言葉がありました。

IMG_7071_t
左から:安孫子副町長、館洞、勝村、伊藤町長、丹羽集落支援員、広富産業振興課長

(写真提供:和寒町役場総務課)

「和寒でどんなことをやってみたいですか?」との質問に、「農業に興味があるので、農作業を体験してみたいです。また、和寒の方々に自分を知ってもらい、私も皆さんのことを知りたいと思います。見かけたら気軽に声をかけて欲しいです。」と笑顔で答えられました。

まずは和寒町の農業の概要を知って頂くため、農業活性化センター(農想塾)で農作業体験をされる予定です。

lesbian porn