「和寒産カボチャを美味しく食べようの会」発足

地域おこし協力隊の坂口美洋子です。夏はメロン栽培。冬はカボチャの加工品開発の活動を行っています。最終活動目標は『新たな和寒土産品の販売』です。そこに向けてまず『和寒産カボチャを美味しく食べようの会』を発足しました。(会員は今のところ…わたし一人ですが(;^ω^))会員募集中です。難しい条件はありません。和寒産のカボチャをもっと美味しく食べたいと思っている方!!ただこれ一点のみです。

この情熱を持って今後カボチャを使った料理教室を随時開催する予定です。色んな方々に集まって頂いて意見交換を重ね、ゆくゆくは商品販売を目指したいと思います。そのために今わたしが、しなければならないことは

“カボチャと向き合う”です。

色んなカボチャを食べて、料理やお菓子を試作していこうと思います。今回はカボチャの「夢(ゆめ)浪漫(ろまん)」「味(あじ)浪漫(ろまん)」を使って『カボチャの巾着』を作ってみました。

この2種類を比べてみると「夢浪漫」は粘り気が強く形が作りづらく、「味浪漫」は粉っぽいのでまとまりやすく巾着の絞った感じがキレイに形に出ています。作ったカボチャの巾着あんを応用する形で「カボチャのモンブラン」を作ってみました。

今回の「夢味モンブラン」は
上から
①ペポカボチャの種
②細く絞られたカボチャペーストのクリーム
「夢浪漫」
③生クリーム
④カボチャあん「味浪漫」
⑤マフィン
の構成となっております。

モンブランの一番重要な部分。細く絞られたカボチャペーストのクリームには「夢浪漫」、中のカボチャあん部分に「味浪漫」を使ってみました。夢味合作のカボチャのモンブランは細く絞られたクリームがとにかく美味しかったです。このカボチャクリームは生クリームにカボチャペーストを加えて作ります。生クリームってそのままでも美味しいけど、そこに濃厚なカボチャのコクとねっとり感が加わると別次元になるというか、お腹も別次元になっていくらでも食べられるぅ~という相乗効果?が発揮されます。

今回の反省点は≪もっと生クリームを!!≫です。

次回作る時はクリーム増し増しの「夢味モンブラン」を作りたいなぁ。材料とレシピを載せて欲しいと要望があったら載せますね。

おまけコーナー「夢味モンブラン」 デコレーション始めるよ。                    

  ①マフィン焼きあがりました。     

         ②真ん中をくり抜きます。

③くり抜いた部分にカボチャあんをめいっぱい詰め込みます。

④生クリームをてんこ盛りに盛ります。

⑤細い糸状に絞り出したカボチャペーストクリームをタテ方向ヨコ方向へとのせていきます。(バランスを見ながら、限界まで盛ります。)モンブランの頂点にペポカボチャの種を乗せれば完成。

では、また次回。

2 thoughts on “「和寒産カボチャを美味しく食べようの会」発足”

  1. マフィンとの組み合わせいいですね⤴︎⤴︎可愛いですカボチャの巾着はたまに作ります。咀嚼力や飲み込む力の弱い方に好評です。私のはカボチャのマッシュに瓶のクリを細かくして入れて丸くしたものにカボチャの種をのせました。レーズンやナッツを入れても合うかな〜と思っています。

    1. 栗やレーズン・ナッツを入れてカボチャの巾着に食感を出すのはいいですね。この3種類全部入れてもいいかもです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です